ショッピングカートの中をみる 会員登録&ログイン画面 初めてご利用の方へ お問い合せ サイトマップ

シルバーアクセサリーに合う革ひもと結び方

シルバーアクセサリーと相性のいい革ひも

シルバーアクセサリーのコディネートを楽しむ時、
革ひもはとても重宝するアイテムです。

同じデザインのペンダントトップでもシルバーのメタルチェーンに合わせた時と
革ひもと合わせた時ではまったく異なる印象を与える事ができます。

革ひもの中でも特に体になじむ柔らかい鹿革(ディアスキンレザー)の革ひもは特におすすめ。
チェーン代わりにしてナチュラルな演出でシルバーアクセサリーを楽しみましょう。


手軽に楽しめる革紐の結び方

●結び目1個で長さ調整が可能な革ひもの結び方

(40cmのメタルチェーンと同じ長さをイメージした場合)
50cm以上の革紐を用意してください。
※ぎりぎりの長さでなく10cm程度の余裕を持たせた寸法が必要です。


革紐_ネクタイのように結ぶ


1;ネクタイを結ぶ時に片方に巻きつけて滑らせて結び目や長さを調整する要領で
まず片側の革紐を結んでフリンジの長さを決めます。 (青い矢印で長さ調整)


革紐_長さを決めて結び目を整える


2;次にもう一方のフリンジ部分の長さを決めて、かた結びした後に革紐の先端を
斜めにカットします。 (青い矢印で長さ調整)


革紐_フリンジの長さを決めて先端を切る

3;最後に結び目を整えてできあがりです。
(少し長めにフリンジ部分を残すと革紐が体になじんで落ち着きます。)




黒鹿革(ディアスキン)の使い方 

かた結び部分1箇所の場合 

革紐_手順1・輪をつくる 革紐_手順2・輪に通す 革紐_手順3・フリンジの長さを調整 革紐_結び目1箇所

かた結び部分を緩めて革紐の長さやフリンジ部分の長さを好みの長さで調整できます。


◆バリエーション

かた結び部分を2箇所とってフリンジは、いつも同じ長さのままにすると便利。

革紐_鹿革2箇所結び目 革紐_鹿革2箇所結び目 革紐_鹿革2箇所結び目

フリンジにシルバーや石のビーズを通して楽しむ事も可能!


◆鹿革(ディアスキン)革ヒモのついているシルバーペンダントトップ

ナチュラルな風合いを楽しめるシルバー&鹿革のアクセサリー

手作り感のあふれるゴールド(K18)&シルバーウェーブペンダント  シルバーペンダント【GOLD・K18】クロスペンダント

  シルバーペンダント【GOLD・K18】ハートペンダント

  シルバーペンダント【GOLD・K18】タグペンダント



手作り感のあふれるゴールド(K18)&シルバーペンダント_クラッシックデザイン  シルバーペンダント【GOLD・K18】オーバルプレートペンダント

  シルバーペンダント【GOLD・K18】ドッグタグペンダント



●結び目、2個で長さ調整が可能な革ひもの結び方

40cm⇔50cmのように10cm位の長さを調整できる革ひもの結び方

100cm位の革ひもをご用意ください。
まず、1本の革ひもを図のように交差させます。

革ひも結び方_2コブ調整

白側を黒側に下から上に輪にして緩く結びます。
続いて同じ要領で今度は逆に黒側で輪を作って白側に通して、合計2個の結び目を作ります。

革ひも結び方_2コブ調整
ご自分用のサイズに合わせたら、結び目をもう1つ作りきつく結びます。
その際、輪にしていない片側の革ひもを滑らせてサイズ調整をする事を意識して、結び目側の革ひものみを、硬く結んでください。
結び目を移動させる事で、図のように結び目と結び目の間で長さ調節ができます。

鹿革ひも(白)95-100cm 鹿革(黒)95-100cm



革ひもに良く合うシルバーペンダントトップ(シルバーチャーム)
言葉、ダイヤモンド、ゴールドで自由にデザインできるシルバーアクセサリー

緩やかな起伏のウェーブデザイン【ウォームウェーブ】シルバーチャーム

不変のスタンダードデザイン【クラッシック】シルバーチャーム

モチーフや石使いのフリーデザイン【デコラティブ】シルバーチャーム



その他のシルバーアクセサリーを探す。

ページトップへ